熟年離婚で,婚姻費用や不貞の慰謝料,財産分与,年金分割等が争われた事例

依頼者:妻/60代
相手方:夫/60代

事案の経緯

夫の退職後,夫の不貞行為が発覚し,依頼者である妻が家を出て別居が開始しました。
その後,①離婚,②婚姻費用支払請求,③財産分与及び④慰謝料支払等請求の代理交渉のご依頼を受けました。

争点

① 不貞行為に基づく慰謝料の金額
② 財産分与の内容
③ 年金分割

解決のポイント

婚姻期間が約40年と長かったこともあり,およそ離婚で問題となり得る多くの点が争点となりました。
お互いの主張の隔たりが大きかったため,協議では話し合いがまとまらず,離婚調停を申立てました。
夫名義の財産は夫が,妻名義の財産は妻がそれぞれ取得した上で,夫から妻に対して解決金として350万円を支払うことで合意が成立しました。当時,制度として開始されて間がない年金分割制度も利用しました。

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ