夫が妻の了解なく子どもを連れて行き,子の引渡しの仮処分により子どもを連れ戻した例

依頼者:妻/30代
相手方:夫/30代

事案の経緯

夫が妻の了解を得ないまま,子を連れて夫の実家に帰ってしまったことから,子の連れ戻しのご依頼を頂きました。

争点

子の引渡しの早期実現

解決のポイント

子を取り戻すため,弁護士が審判前の保全処分(子の引渡しと監護者指定)を申し立てました。また,夫から妻に対する身体的暴力もあったことから,別途保護命令の申立ても行い,保護命令も得ることができました。
夫が子を連れ去った経緯や,子の精神状況が悪化していた等の事情から,保全処分については依頼者側に有利な判断が予想されていました。

しかし,裁判所が審判で保全処分を認めたとしても,夫が素直に子を引き渡さない可能性があったため,子の引き渡しが審判当日に実現できるよう,事前に夫との交渉を進めるとともに,万一交渉が決裂した場合に備えて,審判当日に子の引き渡しの強制執行の申立を行う準備をしていました。

裁判所から,子の引き渡しを命じる審判が出たことを確認した直後に夫と交渉を行い,一時的に夫と連絡が取れなくなるという不安な状況もありましたが,何とか連絡をつけて交渉を継続することができました。そして,審判当日に妻が弁護士とともに夫の自宅まで赴き,無事に子の早期引き渡しを実現することに成功しました。

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ