離婚後に妻の婚姻中の不貞が発覚し、損害賠償請求訴訟を起こした結果100万円で和解した例

依頼者:夫30代会社員
相手方:妻20代専業主婦

争点

① 不貞行為時に夫婦関係が破綻していたかどうか
② 離婚事由とは認識していなかった不貞行為に対する慰謝料の額”

ご依頼の経緯・ご要望

仕事が多忙で留守がちだった夫に対し、妻から「寂しい」との理由で離婚を求められた。夫は復縁を求めたものの、妻の意思が固いためやむなく離婚を承諾。

離婚後、夫は妻から親子関係不存在確認調停を申し立てられ、これにより夫は、妻が自分との離婚後に子どもを出産していたこと、婚姻中に不貞行為をしていたことを初めて知り、妻に対し慰謝料請求することにしました。

解決のポイント

被告(妻)は、当時夫婦間に離婚の話が出ていたことから、夫婦関係は破綻しており不貞行為ではないとの主張でしたが、当方は、不貞行為時にまだ夫婦は同居しており、夫婦が子どもをもうけることも視野に入れ話合いをしていたこと等を立証し、婚姻関係は破綻していなかったことを主張しました。

訴訟中に、被告から100万円で和解したいとの申し入れがありました。当方としては判決まで持ち込めばもう少し高額の慰謝料が認められるとの見込みでしたが、元妻に資力がないため、たとえ判決で100万円以上の慰謝料の支払いが認められても、回収は不可能に近いと思われました。

高額の慰謝料の判決より、現実的な回収可能額での和解が依頼者の利益になると判断した結果、100万円の和解に応じることになりました。

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ