有責配偶者であることを突き止め,相手方から提起された離婚訴訟において,相当額の慰謝料と有利な条件の財産分与を得て和解離婚した事例

有責配偶者であることを突き止め,相当額の慰謝料と有利な条件の財産分与を得て和解離婚した事例

依頼者:妻40代
相手方:夫40代
離婚に至る原因:不貞・性格の不一致・その他
争点:①離婚,②財産分与,③慰謝料

ご依頼の経緯・ご要望

相手方から離婚調停を申し立てられましたが,依頼者が離婚を拒否したため調停が不成立になりました。引き続いて、相手方から離婚訴訟を提起され,裁判の対応を依頼者ご自身ではできないということで,当事務所にご依頼いただきました。

解決のポイント

弁護士の助言により,依頼者が自宅にあった夫の所持品を確認したところ,複数の女性との不貞関係を裏付ける証拠が見つかりました。このため,本件事案については,通常の離婚請求ではなく,有責配偶者からの離婚請求の事案ということが判明し,こちらの立場が有利となりました。

依頼者は,当初は子どものことを考え,離婚を避けることを望んでいましたが,相手方が頑なに認めなかった不貞行為を認めさせたことや,相手方が慰謝料の支払いに応じたことで,お気持ちが整理されたようで,最終的には和解による離婚に至りました。

依頼者は,子どもの親権及び養育費を獲得した他,上記不貞行為にについての慰謝料や財産分与として、共有財産の2分の1を超える評価額の自宅不動産等を取得することができました。

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ