不貞行為をして別居をした夫からの離婚請求で,多額の解決金と希望どおりの養育費の獲得に成功した事例

依頼者  妻
婚姻期間 10年6ヶ月  別居期間 1年11ヶ月
子ども  2人
財産分与 自宅売却益(受領)
慰謝料  430万円(受領)
離婚原因 相手方の不貞、モラハラ
手続方法 調停  受任から解決までの期間 1年5ヶ月

解決のポイント

 夫(相手方)が自宅を出ていく形で別居が始まり,夫から離婚調停を申立てられました。

 依頼者は、当初は不貞行為をした上で自宅を出て行った夫からの離婚請求を受け入れられず,離婚をせずに家族としてやり直す道を模索しながら調停に対応していました。
 その後,依頼者も次第に離婚の決意を固め,子供達と新しい生活をスタートできるだけの財産を得られれば、離婚に応じても良いという気持ちに変化しました。

 このため、解決金(慰謝料)と養育費の金額について,相手方弁護士と調停外でも粘り強く交渉を行い、最終的に概ね当方の希望通り,多額の解決金を支払ってもらう内容で離婚が成立しました。依頼者の方は,無事に子供達との新しい生活をスタートさせることができました。

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ