試行的面会交流を経て、子どもとの面会交流が認められた事案

依頼者  夫
婚姻期間 約10年
別居期間 約1年
子ども  3人
財産分与 約200万円
慰謝料  150万円(受領)
手続方法 調停
受任から解決までの期間 1年4ヶ月

解決のポイント

別居した妻から離婚調停及び婚姻費用分担調停を申し立てられました。子供3人は妻のもとで養育されていましたが,どこに居住しているのか分からず,依頼者は子供と面会交流を出来ませんでしたので,面会交流調停を申し立てました。

その後,離婚調停及び婚姻費用分担調停が成立し,子供3人の親権者が妻になり,依頼者は子供と間接的な交流はしていましたが,直接の面会交流ができない状況が続きました。面会交流調停において,子供3人のうち2人は父に対する嫌悪感が強く,面会交流の実施が難航していましたが,試行的面会交流を経て,子供3人のうち1人と第三者機関を利用する方法により1か月に1回程度面会交流すること,また,他2人の子供とは子の意思を尊重して適宜同席して面会交流ができることが認められました。

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~20:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ