離婚協議が進まず事実上話し合いがとん挫していたが,調停手続移行後3か月で解決した事例

依頼者  妻 

婚姻期間 20年

別居期間 8年7か月

財産分与 約1300万円(不動産・退職金)

離婚原因 性格の不一致,長期間の別居,その他

手続き方法 協議 → 調停

受任から解決までの期間 約1年

 

解決のポイント

 双方離婚の意思はありましたが,財産分与で折り合いがつかず協議が難航していました。

 相手方から離婚調停,当方から婚姻費用分担請求調停を申立て,調停内で話し合いを進めた結果,財産分与について,当初は相手方は不動産の売却益の分与のみ主張していましたが,相手方を説得し,退職金(見込み額)も財産分与に含めることができました。

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~20:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ