離婚と子どもの問題

「離婚後の子どもの親権について、なかなか話し合いがまとまらない…」
「離婚してから一切子どもに会えなくなってしまうのではないかと心配…」

夫婦の間に子どもがいる場合、まずは親権者を決めることが一番の問題となります。

離婚後にどちらが親権者となるかは非常に重要な問題であり、親自身の今後の生活を大きく左右することはもとより、子どもの今後の人生にも大きく影響を与える問題です。
このため、子どもの将来に十分配慮しながら決めていく必要があります。

また、未成年の子どもがいる場合は、その後の親権をどちらが持つかということが決まっていなければ、離婚は成立しません。このため、親権をどちらが持つかということが離婚の問題にからんでくるため、当事者間で非常に揉める原因の一つとなっています。

当事務所で解決をした「養育費」に関する事例はこちらをご覧ください。

暴力と監視行為が原因で離婚し,解決金200万円と養育費月額7万円を獲得した例
夫の不貞行為が原因で離婚し,300万円の解決金と養育費8万円を獲得した例
養育費を減額することで,面会交流権を認めずに離婚を成立させた事例

「養育費」に関するよくあるご質問はこちらをご覧ください。

Q.いつまで養育費を支払わなければならないのでしょうか?
Q.前妻が再婚をした場合、養育費を支払わなくてもよくなるのでしょうか?
Q.養育費を請求しないことを条件に親権を獲得した場合、後から養育費を請求することはできますか?
Q.過去の養育費を請求することはできますか?
Q.慰謝料や養育費、財産分与に税金は掛かりますでしょうか?
Q.慰謝料や養育費の支払いを安心して守らせる方法はないのでしょうか?
Q.破産した相手方に財産分与と養育費の支払いを請求できますか?

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ