Q .自ら家出をした場合でも、生活費の請求はできますか。

質問

夫からモラルハラスメントを受けており、精神的に参った私は、子供を連れて家を出てしまいました。現在は実家に戻って生活をしていますが、専業主婦で稼ぎがなかったために、生活が苦しくなっています。

このような場合に、夫に対して生活費を請求することはできるのでしょうか。

回答

別居していても、夫婦である以上、一方が生活費に困窮しているときは、他方に対して生活費の支払を請求することができるのが原則です。この生活費を婚姻費用といいます。
婚姻費用には、妻と子の通常の衣食住の生活費のほか、未成熟子の出産費・医療費・教育費等を含みます。

婚姻費用の分担を求める場合には、夫婦間で話し合いができないのであれば、相手方住所地の家庭裁判所に調停の申立てをすることができます。それでもまとまらないときは、家庭裁判所が審判で婚姻費用の分担額を決めてくれます。


離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ