Q. 財産分与の割合は一律で決められているのですか。

質問

大きな会社ではありませんが、会社の経営者を務めています。仕事が忙しく、満足に家族との時間を作れなかった結果、妻から離婚を請求されてしまいました。
離婚はいた仕方ないと考え、条件面についての話し合いを進めていますが、財産分与の割合に不満があります。

財産分与の割合は一律で定められているものなのでしょうか。

回答

財産分与の割合は、基本的には2分の1ずつですが、当事者の寄与度の割合に応じて、修正されることがあります。あなたの場合も、夫婦共同財産の蓄積が、主にあなたの経営者としての手腕力量によるときは、財産分与の割合は修正される可能性があります。


離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ