夫婦のマンションに妻の親族の名義が一部混在していた場合において、妻とその親族のすべての名義を夫に譲渡させた例

妻とその親族の有していたマンションの持分の取得に成功し、離婚を成立させた例

依頼者の性別 

年代 夫:30代 / 妻:30代 

職業 夫:会社員 / 妻:専業主婦

子ども なし

依頼の経緯

妻の身勝手な性格、言動や精神的暴力に夫が振り回され、離婚を前提に夫がマンションを出て別居した

争点

婚姻関係が既に破綻していると評価できるか

解決のポイント

夫婦が居住していたマンション(妻の親族の共有持分が一部有り)に妻が住み続けていたので、速やかに妻にマンションから退去してもらい、妻とその親族が持つマンションの持分を夫に移転してもらうことがポイントでした。妻がマンションに住み続けると、夫が居住している賃貸物件の家賃と住宅ローンの両方の支払いをしなければならなくなり、経済的に過重な負担を強いられることになるためです。また、マンションに妻の親族の名義が一部でも残ってしまうと、後にマンションを売却する際に、妻の親族の協力が必要となるため、売却が困難になるためです。

最終的には、マンションについての妻の持分は夫が財産分与を受け、妻の親族の持分は夫が適正価格で買い取とることにして和解し、両者のマンションの持分の獲得と、妻にマンションから退去してもらうことを実現させました。

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ