詳細な証拠書類を用意し、固有財産(マンション)を認めさせた財産分与事例

詳細な証拠書類を用意し、特有財産(マンション)を認めさせた財産分与事例

依頼者:夫 20代後半 塾講師
相手方:妻 30代前半 主婦
争点:不動産の財産分与
解決までの期間:8ヶ月

経緯

相手方から離婚調停を起こされた事案です。依頼者も離婚には同意していましたが、相手方が特有財産であるはずの財産まで夫婦の共有財産であると主張して、財産分与を求めてきたことから、離婚が紛争化しました。

対応

問題となった特有財産の原資となったのはマンション売却代金でしたが、そのマンションは、依頼者の祖母が依頼者に贈与した金銭で購入したものでした。

そこで、特有財産の立証方法として、祖母から依頼者へ預金が送金されたことを裏付ける資料や、マンションの購入金額及び購入時における融資額を示す資料を提出し、当該マンションの売却を経て、その特有財産を購入した経緯を整理・分析し、証拠を提出しました。これにより、相手方は主張を撤回し、マンションが依頼者の特有財産であるとして調停が成立しました。

ポイント

本件では、依頼者の財産が特有財産であることをどのように立証するかがポイントでした。
預金履歴や登記簿謄本などを整理し、詳細な証拠書類を提出したことが、解決につながりました。

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ