依頼者が著名人であったため、離婚等について秘匿条項と違約金条項を定めて離婚調停が成立した事例

依頼者:30代女性  会社員
相手方:30代男性  会社員
争点:慰謝料額と離婚等についての秘匿条項・違約金条項
解決までの期間:4カ月

経緯

相手方から突然離婚調停が申し立てられたことから、その対応と離婚条件の交渉のため、ご依頼がありました。

当事務所の対応

相手方のモラハラや女性遍歴が酷かったことを中心に主張しました。また、相手方の主張する離婚理由が弱かったため、150万円の慰謝料支払と秘匿条項・違約金条項を入れることを条件に離婚に応じる旨、交渉しました。依頼者の精神的な負担を軽減するためにも早期の解決を目指しました。

ポイント

依頼者がイメージの大事な職業に就いていたため、離婚等については口外しない旨の秘匿条項と、それに実効性をもたせるための300万円の違約金条項をセットで調停条項に入れるようにしました。

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ