離婚に応じないモラハラ妻と調停離婚できた例

依頼者:夫 40代(会社員)
相手方:妻 40代 (その他)
離婚に至る原因:性格の不一致・モラハラ・暴力
争点:①離婚の可否,②養育費③財産分与,④慰謝料
ご依頼の経緯・ご要望:長年妻から暴言、暴力等のモラハラを受けており、離婚したいが妻が離婚に応じてくれない。

解決のポイント

当事案は、夫が妻から暴力とモラハラを受けている事案で,夫側のご依頼をお受けしました。相手方との協議は不可能であったため、離婚調停での解決となりました。
相手方は,当初離婚を拒絶していましたが,当方が離婚訴訟も辞さない構えであることを示すと、離婚に応じる姿勢に転じました。
また,相手方が自宅マンションに居住していましたが,相手方がローンを支払ってそこに住み続けることもできなかったため,相手方に退去してもらう必要がありました。

しかしながら,相手方がなかなかマンションから退去しようとしなかったことから,マンションの売却を急いで,何とか相手方にマンションから退去してもらうことができました。
また,その間も,相手方から様々な金銭的な要求があり、その都度、支払いを拒絶するなどして対応していました

財産分与について、相手方は夫の退職金も分与の対象になると主張してきましたが,当方からは、退職までまだ期間があることや暴力とモラハラの慰謝料を請求したいと述べ、退職金の支払いには応じられないと主張しました。結果として、相手方が退職金の分与を受けることを断念し、調停離婚が成立しました。

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ