事前に弁護士と入念な相談をした結果、当事者間で納得のいく離婚協議書を作成できた例

依頼者:妻50代専業主婦
相手方:夫50代会社員
離婚に至る原因:性格の不一致
争点:財産分与

ご依頼の経緯・ご要望

財産分与として自身名義の保険を全額取得したい。

解決のポイント

夫と離婚には合意しているものの、財産分与の際に自身が名義人となっている年金保険を取得したいとのご要望で当事務所にご相談にいらっしゃいました。
協議書作成のご依頼だったため、別居および夫との協議を弁護士に依頼せず、弁護士との相談を最大限に活用して夫との交渉をご自身で進められました。

結果として、弁護士からの的確なアドバイスを元に、ご自身にとって納得のいく離婚条件で離婚することができました。弁護士をアドバイザーとして活用し、費用は最小限にし、利益を最大限に得られた、コストパフォーマンスのよい結果となりました。

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ