離婚調停を申し立てたが、紛争を長期化させずに最終的に協議離婚を成立させた件

依頼者  夫
婚姻期間 4年
別居期間 1年2ヶ月
子ども  なし
解決金  100万円
離婚原因 長期間の別居
手続方法 協議・調停  受任から解決までの期間 10ヶ月

解決のポイント

 協議段階で、当方は妻が無断で夫のカードを利用して借入れた約500万円の返還を要求、一方妻側は夫のDVを理由に高額の慰謝料を請求してきたため、交渉は難航し、離婚調停を申し立てました。

 調停でも主張は平行線をたどるかにみえましたが、妻側が「夫から100万円の解決金を支払うことを条件に離婚に応じる」と態度が軟化。調停が不成立になり訴訟となった場合、紛争の長期化により100万円以上の経済的な損失が見込まれることから、当方はこの条件を応諾しました。

 調停成立には当事者双方の出廷が必要なところ、依頼者が遠方で出廷は困難だったため、代理人間で離婚協議書を作成し、調停は取下げ、協議離婚が成立しました。

 当事者間では感情的対立が激しく、早期の解決は難しいと思われたが、調停制度をうまく利用し、双方の妥協点を見出すことができました。また、依頼者の裁判所への出廷という負担を軽減し、結果として協議離婚という早期解決を実現することができました。

 調停離婚の場合、戸籍にその旨記載されるので嫌がる方もいますが、協議離婚ですと調停手続きをとったことがわからないというメリットもあります。

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ