ペアローンの債務を引き受け,かつ慰謝料と事実上相殺することで養育費の支払いを免れた事例

依頼者 父

子供 3人

親権 相手方

手続き方法 協議

受任から解決までの期間 1年2か月

 

解決のポイント

妻が離婚を希望し別居したことから,当事務所に依頼されました。争点は財産分与(自宅不動産)と,離婚慰謝料(妻が不貞をしていた)でしたが,自宅不動産は夫婦共有名義かつオーバーローンのため,売却が難しい状況でした。また,離婚慰謝料についても,妻には資力がなかったため,回収が難しいと思われました。そこで,自宅不動産のペアローンを依頼者が単独で負担する代わりに,離婚慰謝料と養育費を相殺する方向で交渉を続け,結果的に養育費の支払いを免れることができました。

 

 

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~20:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ