DV夫と離婚するには

ドメスティック・バイオレンス(DV)とは、配偶者間で行われる暴力のことをいいます。DVは、離婚原因として民法に挙げられているもののうち、「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」に該当する可能性があります。

裁判になると、DVを受けていた側が、DVがあったことを立証する必要があります。しかし、DVは家庭内で行われるものであるため、周囲に気付かれにくく、夫もDVをしていたことを認めないことが多いです。
このような場合に備えて、日ごろからDVの証拠を集めることが重要になります。

 

DVの証拠

1 怪我の状況や家の様子を撮影した写真

 暴力を振るわれて怪我をした場合には、怪我をしたときの様子が分かれば立証しやすいので、病院に行く前に写真を撮っておいてください。物が壊れたり部屋が散らかったりしている場合には、その状況も写真に残しておくとよいです。

 

2 病院の診断書

 暴力を振るわれた場合には、病院に行き診断書をもらうようにしましょう。暴力があったことを立証する客観的な証拠として、専門家である第三者の医師が作成した診断書は重要な証拠となります。また、怪我の原因を医師に伝え、できる限り診断書に記載してもらうことも重要です。

 

3 日記

 日記は、本人がその内容を記載するものなので、診断書等の客観的な証拠に比べると、その価値は低くなります。

しかし、日記の内容が主観的なもの(暴力を受けた際の気持ちや相手に対する不満など)ばかりではなく、客観的なもの(いつ、どこで、どのような方法で暴力を受けたかなど)が多く記載されていると、その価値も高くなる可能性があります。また内容は具体的である方がよいので、記憶が風化する前に、暴力を受けた場合にはそのたびに記載しておくことをおすすめします。

 日記が相手に見つかることが怖いという場合には、メールを作成して送信し、第三者に保管してもらうという方法もあります。

 

4 ボイスレコーダーの録音

 相手が怒鳴る声や殴られている音、物が壊れる音などを録音しておくとよいです。日用品にカモフラージュされたレコーダーを事前にセットしておけば、バレずに録音することも可能です。

 

5 DVに関するメールやライン、その他SNSの投稿など

 DVに関する謝罪のメールやラインがある場合には、必ず保存するようにしましょう。直接的な謝罪やDVの事実が記載されていない場合にも、DVをにおわせるような記載がある場合には証拠として使えることもありますので、保存しておくことをおすすめします。

 

6 DVを目撃したことがある周囲の人間からの証言

 第三者が夫からのDVを目撃していたような場合には、その人に証言してもらうことや、陳述書といったかたちで目撃した内容を記載した文書にしてもらうことも考えられます。人の記憶ですので、目撃したときの状況などがあやふやにならないよう、メモを残しておいてもらうなどの働きかけをすることも重要です。

 

証拠集めは慎重に

DV夫は、証拠を集めていることを知ると、逆上してなりふり構わない行動に出ることがあります。脱出のチャンスを逃さないためにも、細心の注意を払って証拠を集めるようにしてください。

証拠集めも大事ですが、それ以上に大切なのはあなたの体と心です。証拠集めの途中でも、これ以上はもう無理だと感じたら、なるべく早く相談機関に駆け込んでください。

 

DV被害でお悩みの際には弁護士に相談を

 DVによる離婚をお考えの際には、一度この分野に詳しい弁護士に相談されることをおすすめします。証拠集めの方法や離婚の手続きについてもお力になれることもあるかと思いますので、お一人で悩まれず、ぜひご相談ください。


離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ