DV・モラハラ夫との条件交渉を弁護士が代理して成立させた事例

依頼者 50代 女性 主婦

相手方 50代 男性 会社員

争点 財産分与、慰謝料、親権、養育費、年金分割

経緯

夫のDV・モラハラに耐えかね、離婚したいということで依頼されました。

当事務所の活動

本人同士での話し合いが難しいとのことで、弁護士が代理人となって、夫との交渉を行いました。夫は非常に細かいことを気にする性格であったため、最終的な条件調整をして解決するまでに1年程度を要しました
最終的には算定表どおり月4万円の婚姻費用を支払うことや、妻が子どもの親権を持ち、夫が養育費を支払うことを合意した他、財産分与では自分名義の預金を夫に分与することなく維持することができました。

また、妻が住んでいるマンションについては、妻が財産分与を受ける代わりに、調整金として夫に対して150万円を渡すことで解決することができました。慰謝料名目での支払いは受けられませんでしたが、その代わり、財産分与では妻側に有利な内容とすることができました。

解決のポイント

相手方が非常に細かい性格で、本人同士での話し合いができない状況だったことから、弁護士が介入することが必要な案件といえました。
相手方は自身のDV・モラハラ行為をなかなか認めようとしませんでしたが、証拠写真があったことから、それを夫に提示することによって交渉を有利に進めることができました

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ