相手方が当初離婚を拒否する態度をとっていたものの、粘り強く交渉した結果、協議離婚 が成立した事例

依頼者:50代男性  会社員

相手方:50代女性  専業主婦

争点:離婚条件

解決までの期間:1年10カ月

経緯

依頼者は単身赴任が多く、夫婦関係は冷え切っていることから、性格の不一致を理由に離婚をしたいとのご依頼がありました。

当事務所の対応

別居期間が長く、離婚事由が認められる可能性が高かったものの、依頼者の希望もあり、調停・訴訟をして時間と費用をかけるよりも、協議離婚の方針をとりました。当初、相手方が離婚を拒否する態度をとっていたため、相手方が離婚を拒否する理由をお聞きしたところ、子どもの教育費と今後の住居について心配されていました。
そこで、依頼者が教育費を全額見ること、自宅を相手方に譲渡すること、解決金を少し多めに支払うこと、その代わり退職金については財産分与の対象にはしないこと等を条件に粘り強く交渉したところ、協議離婚が成立しました。

ポイント

相手方が離婚に応じない態度をとっている場合に協議離婚を成立させるには、その理由を聞き出し、それをフォローする条件を提示する等、粘り強く交渉することがポイントです。

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ