性格の不一致で離婚したい夫が、受任後3か月で協議離婚できた件

依頼者:夫40代自営業
相手方:妻40代専業主婦
離婚に至る原因:性格の不一致

争点

①離婚の可否②養育費③財産分与④親権

ご依頼の経緯・ご要望

生活習慣の不一致が原因で離婚したい。妻は離婚に同意しているが、精神的に不安定で日によって意見が変わる可能性があるので、話合いができない。早急に離婚したい。

解決のポイント

相手方(妻)は離婚に同意しているものの、精神的に不安定であったため、いつ「離婚しない」と言い出すか分からなかったため、相手方が離婚に応じる意向がある機会に早期に離婚を成立させる方針を立てました。

相手方との交渉は全て弁護士が行い、その結果、①財産分与、慰謝料はなし②子の養育費の額③子との面会交流について合意ができ、協議書を公正証書にしました。結果として、受任から約3か月で協議離婚が成立しました。弁護士が具体的な選択肢を示すことで依頼者に判断材料を与え、当事者間では難しい交渉を粘り強く行ったことが解決のポイントとなりました。

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ