離婚後の面会交流審判で、非監護親と子との間接交流のみを認めた審判に即時抗告し、抗告審において直接交流が認められた事案

依頼者  夫
子ども  1人(幼児)
親 権  相手方
手続方法 調停・審判  受任から解決までの期間 約1年9ヶ月

解決のポイント

 依頼者は元妻と、「子の親権は母、面会交流はお互いに協議して定める」との条件で離婚し、その後、元妻に対し面会交流についての協議を申し入れたが、何ら回答を得られなかったため当事務所に来所された。

 面会交流調停を申立てたところ、調停において相手方は「子が父に会いたくないと言っている」との主張に終始し、調停は不成立。審判移行したところ、裁判所の判断は「一定期間の間接的交流(手紙やプレゼント等の送付)を経て、一年後に再協議を行う」と、間接的面会交流のみを定めるにとどまるものであった。

 当方は、一審の判断に納得できず、直接的面会交流の具体的方法を定めてほしいと、高等裁判所に即時抗告を申し立てた。

 抗告審において、当方は「相手方の従前の態度に鑑みると、間接交流を経ても事態が改善する見込みは低く、現時点で直接的面会交流の実施を定めるべきである」と主張。通常、一審でなされた審判を覆すのは難しいとされているところ、当方の主張が採用され、一審の判断を覆し、一定期間の間接交流を経た後、直接的面会交流を認める判断がなされた。

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~20:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ