夫からDVを受けていた妻が、夫と直接会わずに協議離婚を成立させた件

依頼者  妻
婚姻期間 18年
別居期間 7ヶ月
子ども  2人(高校生)
親権   依頼者
養育費  受任後(月額14万円)
財産分与 800万円(受領)
慰謝料  100万円(受領)
離婚原因 暴力(依頼者)
手続方法 協議  受任から解決までの期間 6ヶ月

解決のポイント

 夫からDVを受けていた妻が、離婚を希望し別居、保護命令を申立て、警察に被害届を出したところ、夫が警察に逮捕されました。

 妻はこの段階で相談に来られ、夫と直接会わずに離婚を成立させたいとのご依頼をうけました。

 夫は逮捕時に弁護士に依頼をしており、離婚協議もそのまま弁護士と行うことができました。当方より、夫が妻側の条件に概ね合意できれば、今回に限り、妻は刑事処罰までは求めないという申入れをしたところ、夫側がこれに合意

 結果として、妻側の条件がほぼ通った形での協議離婚が成立しました。条件面はもちろん、「夫と直接話すことなく離婚したい」という依頼者のご要望にもお応えでき、依頼者の精神的負担を軽減することもできました。

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~20:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ