過去の養育費を請求することはできますか?できるとすればいつの時点からの養育費 を請求できますか?

質問

過去の養育費を請求することはできますか?できるとすればいつの時点からの養育費を請求できますか?

回答

権利者の要扶養状態、義務者の扶養可能状態という事実があれば、具体的な扶養義務、扶養請求権が発生しますが、過去にさかのぼって多額の負担を命じるのが公平に反する場合もあります。そこで、相当と認める範囲に限定するとしたり、養育費を定める一切の事情の中に過去の養育費の不払の事情も含めるとするのが、判例の一般的な考え方です。

なお、民法169条は、定期給付債権につき、5年の短期消滅時効を定めています。養育費は、協議でも裁判でも毎月払が原則ですので、消滅時効の期間は5年ということになります。ただし、過去の扶養料については、求償請求の問題と捉えることができます。そこで、養育費の分担についても、出費を免れた義務者に対しては、不当利得返還請求権を行使することができますので、10年の消滅時効の範囲で請求することができると考えられます。

したがいまして、いずれにしましても10年以上は遡れないことになるでしょう。

 

 

The following two tabs change content below.

弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ

離婚は人生の中で最も重要な決断の一つであり、その後の人生を大きく左右するものです。当事務所では、離婚をするにあたり、後に後悔することのないように、ご依頼の思いをしっかりと受け止め、それを実現させていきたいと考えております。離婚でお悩みの方はぜひ一度、離婚問題に強い弁護士にご相談ください。

最新記事 by 弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ (全て見る)


離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~20:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ