感情的対立の強い夫婦間において,調停申立後3か月で調停離婚が成立した例

依頼者  男 

子供 1人 ( 未就学児 )

親権 相手方

手続き方法 調停

受任から解決までの期間 約8か月

 

解決のポイント

 別居中の妻と離婚の話合いをしたいが,妻が感情的になり話合いにならないとご来所。当初,お子様との面会や離婚条件について当事者間で話を進めてこられましたが,妻の主張が二転三転し,振り回されるのに疲弊されたため,当事務所に依頼されました。

 弁護士が介入した後も,妻は面会交流を拒否する姿勢を崩さなかったため,離婚調停と同時に面会交流調停を申し立てました。

 離婚については財産資料の開示が進められ,2回目の期日で調停が成立。面会交流についても,協議段階では頑なだった妻も態度を軟化させ,3回目の期日で調停が成立しました。

The following two tabs change content below.

弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ

離婚は人生の中で最も重要な決断の一つであり、その後の人生を大きく左右するものです。当事務所では、離婚をするにあたり、後に後悔することのないように、ご依頼の思いをしっかりと受け止め、それを実現させていきたいと考えております。離婚でお悩みの方はぜひ一度、離婚問題に強い弁護士にご相談ください。

最新記事 by 弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ (全て見る)

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~20:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ