神戸・姫路の離婚の特徴

 神戸市の人口は約150万人と全国7位、姫路市の人口は約52万人と全国25位であり(2020年10月時点)、それぞれ日本有数の都市です。

 外国人も、神戸市で約3万4000人、姫路市で約9000人在住しており(2010年時点)、訪日外国人観光客も兵庫県全体で年間約192万人訪れる(2019年時点)等、グローバルな都市といえるでしょう。

 

 結婚件数も兵庫県全体で年間2万5000件であるのに対し、そのおよそ3分の1である約9300件が離婚されています(2016年時点)。

 夫婦の離婚はプライシーの高い問題であり、お1人で悩まれている男性、女性の方も多くいらっしゃいます。

 

 これまでの所感から、神戸市、姫路市全体の特色として、下記のことがいえるかと思います。

 

  • ①経営者をパートナーにもつご夫婦

 神戸・姫路は産業が発展しており、会社を経営される方をパートナーにもつご夫婦が多くみられます。経営者の場合、保有する財産が多岐にわたるうえに、非公開会社の株式を保有していることが多く、その評価額をめぐって争いになることも珍しくありません。   

  • ②医師をパートナーにもつご夫婦 

 神戸・姫路は医療産業が発展しており、医師を職業とされている方をパートナーにもつご夫婦も多くみられます。医師の場合、所得が高いことで、節税対策として不動産を多く保有されている方や、金融資産を多く保有されている方も多くいらっしゃいます。また、子供を医学部に行かせたいとご希望される方も多いので、婚姻費用や養育費の額・終期について、判断が難しい事案も多いです。 

  • ③大企業にお勤めの方をパートナーにもつご夫婦

  神戸・姫路は産業が発展しており、大企業が数多く集まります。そのため、夫や妻が大企業に勤めておられるご夫婦が多くみられます。比較的世帯年収も高く、株式や不動産等金銭以外の資産を保有されていることも多いことから、財産分与の際に、どのように財産を評価し分与すればよいか悩まれているご相談も多いです。 

  • ④外国人をパートナーにもつご夫婦 

 神戸・姫路は古くから貿易港として栄え、外国人が多く在住する都市です。そのため、外国人をパートナーにもつご夫婦も多くみられます。文化や宗教、習慣の違いから、離婚するにあたり、争点が多岐にわたる場合が多くみられます。

 

 離婚問題は弁護士をご活用いただくと、スムーズに解決できる場合や有利に離婚できる場合があります。離婚にお悩みの方は、是非この分野に強い弁護士にご相談ください。

 

The following two tabs change content below.

弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ

離婚は人生の中で最も重要な決断の一つであり、その後の人生を大きく左右するものです。当事務所では、離婚をするにあたり、後に後悔することのないように、ご依頼の思いをしっかりと受け止め、それを実現させていきたいと考えております。離婚でお悩みの方はぜひ一度、離婚問題に強い弁護士にご相談ください。

最新記事 by 弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ (全て見る)

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~20:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ