離婚届を提出する前に検討すること

「離婚届さえ提出すれば大丈夫」と離婚届を早々に出し,後で紛争となるケースはよくあります。そうならないためにも,決めるべきことはしっかり決めておくことが重要です。

以下では,離婚届を提出する前に検討すべき事について解説いたします。

 

1 話し合うべき事項

 離婚前に話しあっておくべき事項は,一般的には次が挙げられます。

  •  
  • ・親権
  • ・養育費
  • ・面会交流
  • ・財産分与
  • ・慰謝料
  • ・年金分割

 

 なお,未成年の子どもがいる夫婦は,離婚後の親権者が誰かを決めないと離婚することができないのでご注意ください。

 これらの事項は,離婚後に決めることもできますが,紛争が長期化する傾向があるのでできるだけ離婚届を出す前に話し合っておいた方がいいでしょう。少なくとも,相手方の財産状況については離婚前に把握しておくことをおすすめいたします。

 

2 離婚協議書を作成しましょう

話し合いの内容は必ず「離婚協議書」として,書面に残しましょう。

口約束だけだとあとで言った言わなかったの争いになり,合意通りの内容の履行を求めることが難しくなります。

 

そして,離婚合意書はできれば「公正証書」として残しておいた方が好ましいです。

公正証書とは,法務大臣が任命した「公証人」が作成する公文書のことです。

公正証書の内容に「強制執行認諾約款」を付せば,養育費等が支払われない場合に「強制執行」をかけることができます。

 

3 最後に

以上が離婚前に確認しておいた方が良い事項です。

なお,離婚協議書の内容については,法的な知識が無い方が作ると漏れが生じる可能性があるので,一度離婚に精通した弁護士に相談することをおすすめいたします。離婚後の人生の方が長い方が多いと思いますので,上記について慎重に検討してみてください。

 

The following two tabs change content below.

弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ

離婚は人生の中で最も重要な決断の一つであり、その後の人生を大きく左右するものです。当事務所では、離婚をするにあたり、後に後悔することのないように、ご依頼の思いをしっかりと受け止め、それを実現させていきたいと考えております。離婚でお悩みの方はぜひ一度、離婚問題に強い弁護士にご相談ください。

最新記事 by 弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ (全て見る)

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~20:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ