離婚後の戸籍

離婚が成立したら,戸籍はどうなるのでしょうか。

 

協議離婚の場合は,離婚届を提出することで離婚が成立します。調停や訴訟で離婚が成立した場合も,届出を行うことが必要です。届出を行うと,夫婦の戸籍がわかれることになります。戸籍には筆頭者として配偶者の一方が記載されていますが,離婚の届出を行うことにより,従前の戸籍から,筆頭者ではない配偶者が抜け,新しい戸籍を作るか,または婚姻前の戸籍に戻ることになるのです。なお,現行の戸籍には2世代までしか記載できませんので,子どもがいる場合はご注意ください。

 

婚姻時の戸籍から抜ける場合は,当然に,婚姻前の氏に戻ることになります。もし,婚姻時の氏を続けて用いたい場合には,別途,役所(届出人の本籍地または所在地の市町村役場)に「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出する必要があります。離婚後3ヶ月以内に提出をする必要がありますので,離婚届の提出と一緒にこの手続きを行われる方が多い印象です。

 

子どもの戸籍は,離婚の届出をした時点では,以前のまま,筆頭者の戸籍に残っています。筆頭者の戸籍から抜けた配偶者が,自分の戸籍に子どもを移すには,家庭裁判所で「子の氏の変更許可申立」を行う必要があります。子の氏は戸籍の筆頭者と同じ氏になりますので,離婚により旧姓に戻った場合に「子の氏の変更」を行うと,子の姓も変わることになります。15歳以上の子どもは原則子ども本人が,子どもが15歳未満の場合は,法定代理人である親権者がこの手続きを行うことができます。

 

裁判所の許可を得る必要があるため,少し難しく感じるかもしれませんが,離婚に伴い子どもの氏を変更する場合には,申立書と戸籍等の必要書類さえ準備できれば,特段の追加資料等を求められることなく,短期間で審判が出ることがほとんどです。

 

裁判所で,子の氏の変更を認める審判が出たら,審判書謄本を添付して役所に入籍の届出を行うことで,お子様についても,戸籍の記載が変更されることになります。

 

 以上が,離婚後の戸籍についての基本的な手続きとなります。もしご不安な点がございましたら,お気軽にご相談ください。 

 

The following two tabs change content below.

弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ

離婚は人生の中で最も重要な決断の一つであり、その後の人生を大きく左右するものです。当事務所では、離婚をするにあたり、後に後悔することのないように、ご依頼の思いをしっかりと受け止め、それを実現させていきたいと考えております。離婚でお悩みの方はぜひ一度、離婚問題に強い弁護士にご相談ください。

最新記事 by 弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ (全て見る)

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~20:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ