Q.離婚の慰謝料を不貞行為の相手方に請求できますか?(慰謝料)

質問

1年前に妻の不貞行為が原因で離婚をしました。その後、妻と不貞相手は別れたようですが、離婚時の精神的苦痛に対する慰謝料を過去の不貞行為の相手方に請求することはできますか(離婚慰謝料と不貞慰謝料の違い)?

回答

不貞行為による慰謝料(以下「不貞慰謝料」といいます。)が、不貞行為の相手方に請求できることには争いはありません。これに対して、離婚時の精神的苦痛に対する慰謝料(以下「離婚慰謝料」といいます。)を不貞行為の相手方に請求できるか否かについては、争いがありました。

この点、平成31年2月19日の最高裁判決において、「離婚慰謝料は特段の事情がない限り、不貞行為の相手方に請求できない」旨の判断がなされました。

特段の事情について、どのような場合がこれに該当するかはまだ不明ですが、この判断がなされたことにより、次の2点について、実務的な影響が生じることが予想されます。

まず、1点目として、一般的に不貞慰謝料は、離婚慰謝料よりも慰謝料額の相場が低い傾向にあります。具体的には、不貞慰謝料は数十万円程度が相場であるのに対し、離婚慰謝料は100万円から200万円程度が相場です。ですので、離婚の相手方に資力がない場合であっても、不貞の相手方に離婚慰謝料を請求することはできず、離婚慰謝料の回収可能性が困難になるおそれがあります。

次に、2点目として、消滅時効の起算点です。不貞慰謝料は、不貞行為の損害及び相手方を知ってから3年で消滅時効にかかりますが、離婚慰謝料は、離婚時から3年で消滅時効にかかります。ですので、不貞行為発覚後、離婚成立時までに時間がかかった場合、離婚成立時に不貞相手に不貞慰謝料を請求しようとしても、不貞行為の相手方を知ってから3年を経過していると、滅時効により請求が認められないという事態が生じるおそれがあります。

不貞慰謝料と離婚慰謝料を請求する場合には、以上の点にご注意ください。
  


離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ