ADHD、アスペルガー症候群の方との離婚

1 発達障害について

あなたは、夫又は妻が他人とうまくコミュニケーションが取れていないと感じたことはないでしょうか。ただ人付き合いが苦手なだけだろうと思われるかもしれませんが,その中には発達障害をかかえている人が一定数含まれています。

発達障害者支援法では、発達障害は、「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、その他これに類する脳機能障害であってその症状が通常低年齢において発言するもの」とされています。発達障害には、このようないくつかの種類がありますが、多くの場合,他人の気持ちの理解力・共感力に問題を抱えています。他人に無頓着な夫又は妻と生活していると夫婦関係で軋轢を生じ,最終的に離婚に至るというのはまま見られる事例です。

発達障害の中でもアスペルガー症候群,注意欠陥多動性障害(ADHD)という名称は皆さんも一度は聞いたことがあるかと思います。あなたの配偶者に以下のような症状があれば,アスペルガー症候群やADHDを疑ってみるべきかもしれません。

 

2 アスペルガー症候群

アスペルガー症候群には,①社会的コミュニケーション障害,②興味・活動の偏り,という特徴がみられます。

アスペルガー症候群の方は,いわゆる場の空気を読むということができず,うまく周囲に溶け込むことができません。他人の気持ちを理解することが難しいため,思ったことをそのまま言葉にしてしまい,対人関係に軋轢を生じます(①社会的コミュニケーション障害)。

また,特定のものに興味を持ち,過剰に熱中する傾向があります。興味のある分野については,驚異的な能力を発揮する場合もありますが,異常なほどのこだわりを見せるため,他人と共有の話題を共有することができないという問題をかかえます(②興味・活動の偏り)。

 

3 ADHD

ADHDには,①不注意,②多動性,③衝動性という3つの特徴が見られます。

注意力が散漫であり色々なものに意識が向いてしまうため,宿題の提出期限を守れない,仕事の納期を守れない,忘れ物が多いといった社会生活上の問題を生じます(①不注意)。

好きでないものに対し全く関心を示さず集中することができないため,貧乏ゆすりをする等日頃から落ち着きがなく,じっとしていることが出来ません(②多様性)。

思いついたことをよく考えずに口に出したり,衝動的に行動する等,自らの欲求をコントロールすることが出来ません。思い通りにならないと,感情を抑えられず不機嫌になり,大声で怒鳴る,物にあたるといった行動をとります(③衝動性)。

 

4 発達障害の配偶者との離婚

配偶者と婚姻関係に限界を感じて離婚を決意される方は多くいらっしゃいます。では,配偶者が発達障害であった場合,離婚にはどのような影響があるでしょうか。

現在の民法には,裁判で離婚が認められる事由は法定されており,配偶者が発達障害であったからといって,それだけを理由に離婚することは出来ません。

しかし,発達障害を抱えており日頃から暴力を振るっている等の事情がある場合には「婚姻を継続しがたい重大な事由」があるとして,離婚が認められる可能性があります。

また,そのような事情がなかったとしても,話し合いにより離婚をすることは可能性です。

もっとも,配偶者との離婚の話し合いは難しく,感情的になった配偶者から暴力を受ける可能性もあります。特に,発達障害を抱えた配偶者では,離婚をしたいあなたの気持ちに理解を示さず,交渉が難航する可能性が高くなります。

 

スムーズに離婚して新たな生活を始めるには,法的知識を有した専門家に相談されるのが近道です。離婚でお悩みの方は,是非,弁護士へのご相談をご検討ください。

 

The following two tabs change content below.

弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ

離婚は人生の中で最も重要な決断の一つであり、その後の人生を大きく左右するものです。当事務所では、離婚をするにあたり、後に後悔することのないように、ご依頼の思いをしっかりと受け止め、それを実現させていきたいと考えております。離婚でお悩みの方はぜひ一度、離婚問題に強い弁護士にご相談ください。

最新記事 by 弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ (全て見る)

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~20:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ