借金は財産分与の対象になりますか?(財産分与)

質問

借金は財産分与の対象になりますか。

回答

借金が夫婦の共同生活を送っていくうえで生じたものであれば(例えば生活費や教育費のための借入れなど)、夫婦共同の債務として財産分与の際に考慮されます。この場合、プラスの財産から借金を引いた残額が財産分与の対象となります。

他方、夫婦の共同生活とは関係なく、夫婦の一方が遊興費などに使うために借金をしたものであれば、この借金については財産分与の際に考慮されないでしょう。ただし、その場合でも独自に借金の保証人となっているときは、そのまま保証人としての責任を負うことになります。

弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズについてのご質問

Q.法律相談をした後、実際に依頼をしなくても良いのですか。

はい。ご相談だけでももちろん結構です。

Q.法律相談30分3,000円とのことですが、30分を超えた場合、料金はどのようになりますか。

30分を超えた場合は、30分ごとに3,000円(税別)の料金をいただきます。

Q.離婚以外の法律相談もできますか。

はい。ただし、取扱いがない分野もございますので、事前に電話などでご確認いただけると安心です。


お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ