数年後の離婚の約束をする際に注意することはありますか?

質問

 妻と永らく不仲であり、このたび離婚を前提とした別居をしようと考えています。別居をするにあたり、相手方から3年後の離婚を約束する代わりにその間の生活費を支払ってほしい旨の提案がありました。

 このような合意をするにあたって合意書を作成しようと思うのですが、注意することはありますか?

回答

 3年後に離婚するときになって、相手方に離婚の意思がなくなっていた場合、夫婦間契約として取り消しを主張されるおそれがあります。 そのような合意をするのであれば、合意書作成時にその時点での離婚の合意をしておき、その条件として、離婚後3年間は生活費を支払うことを約束しておくとよいでしょう。

 合意書を作成するにあたっては、同時に離婚届けに署名・捺印をしてもうらうようにしましょう。


離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ