妻からの一方的なモラハラやDVを受け、離婚を求められたものの、高等裁判所まで粘り、面会交流を獲得した事例

依頼者 夫 40代
相手方 妻 40代
離婚に至る原因 妻からの一方的なモラハラ、DV
争点 ①離婚原因(婚姻関係破たんの有無),②親権、③面会交流
ご依頼の経緯・ご要望 妻から一方的なモラハラやDVを受け続け、離婚を求められたが、子どもの親権を獲得したいということで、ご依頼されました。

解決のポイント

妻から一方的なモラハラやDVを受け続け、離婚を求められたものの、当方は、離婚原因は妻からの一方的なモラハラやDVにあると主張し、子どもの親権を夫にすることを離婚条件として主張しました。

調停、訴訟と手続きが進んでいきましたが、第1審はすでに夫婦関係は破たんしているとして、子どもの親権を妻とする内容の離婚が認められました。調査官の調査結果から、控訴審でも親権を取得することは非常に難しいと判断し、せめてきちんとした面会交流だけでも獲得することを目標に控訴しました。

結果、離婚と親権を認める代わりに、面会交流を認める旨の和解が成立しました。離婚成立後、無事に面会交流が実施されています。

離婚問題に関する典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか~

離婚の流れについて知りたい 不貞相手に対して慰謝料を請求したい モラルハラスメントを受けて悩んでいる 別居後の生活が不安で家を出られない
財産分与に含まれる対象を知りたい 適正額の養育費を受け取りたい 親権を獲得したい 面会交流の条件を交渉して欲しい

状況別・段階別の離婚相談メニュー

同居中で離婚を検討している方 (モラハラ等で)離婚原因がない方 相手から離婚を切り出された方 離婚の条件交渉が折り合わない方

お問い合わせ

  • JR神戸駅すぐ、お気軽にご相談ください 078-382-3531 電話受付平日9:00~21:00(土日応相談)
  • メールお問い合わせ